共に生きる、共にあそぶ

ネット・パス・ラリ-

ルール・審判法はこちらからダウンロードできます 

動画はこちら → ネット・パス・ラリーYTl-icon.png

   ネットにボールを載せて持ち、ペア2組で向かい合い、ネットの
上のボールを交換して楽しみます。
目を合わせ、呼吸をそろえ、声を掛け合うのが成功のポイント。
小グループ内でのふれ合いや交流づくりを演出するのにも適しています。


1チーム4人(2人×2組)

隊形

各ペアはニュートラルゾーンを示す3.6mの間隔で引かれたラインを挟んで立ち、両ペアがネットにボールを載せる。

用具

チャレンジ・ザ・ゲーム推進本部公認ネット。または50cm×100 cmの大きさのネットで網目の大きさが45mm以下。ネットの素材はポリエチレンまたはナイロン製のもの(2枚)。ドッジボール3号球2個。

カウント

パス&キャッチが成功するたびにカウントします。記録は成功した回数を加算します。

競技ルール

アウト

審判の「よ〜い、スタート」の合図とともに、ニュートラルゾーンに踏み入らないように、ボールをお互いに交換します。
両ペアがボールを落とさずにノーバウンドでキャッチできた時点で1回と数えます。
競技時間は2分間とします。ただし、競技時間が過ぎても、キャッチミスやアウトにならずに続けている場合は、失敗するまで競技を続行できます。この場合、失敗した時点で競技終了となります。
競技終了時までトータルで何回できたかを記録とします。その合計回数がチームの記録となります。
競技時間内でのペアの組み合わせの変更、作戦タイム、休憩は認められます。
ボールを手や腕でホールドした場合。
パスのテンポが遅すぎた時(最低30秒間に5回以上の記録となる速さでパスを交換しなければなりません)。
ラインを踏みながら、またはニュートラルゾーン内でボールをキャッチした場合。
競技者以外の人(審判員含む)が故意にボールに触った場合。

審判法

主 審

・開始時に「よ~い、スタート」のコールを行う。

・1回目のキャッチが成功した時点からカウントを開始する。

・競技実施中は大きな声でカウントし続ける。

・アウトの判定を行う。失敗や失格行為などがあった時、笛などでアウトのコールを行い、競技を一旦止める。

副 審

・テンポが遅い場合の失敗の判定を行い、主審に通告する。

・途中で30秒経過ごとに時間をコールする。最後の15秒はカウントダウンを行う。競技時間が終了する時、プレーが続いている場合は「2分経過」をコールする。

・アウトの判定を補佐する。

審判員の位置

審判の位置05ネット・パス・ラリー.jpg★主審

☆副審

○プレイヤー

●ボール

□ネット

必要な用具について

ネット・パス・ラリー用ネット 2枚セット(取っ手つきネット2枚、ボール別)

ドッジボール3号球

レクリエーションカタログ / ネット・パス・ラリー用ネット
レクリエーションを通して「あそびの用具」や「あそびの書籍」を紹介するWEBカタログショッピングのサイトです。
https://shop.recreation.jp/products/detail.php?product_id=140