共に生きる、共にあそぶ

放課後子ども教室「あそびの城」(委託事業)

子どもの発達にとって、あそびはなくてはならないもの。あそびの中には学びがいっぱいあります。

あそびの城
伝承あそび・ゲーム・うた・ニュースポーツ・などあそびを通じて楽しいをつくります。
こどもたちが五感を磨きます。こどもたちが楽しいを知り、楽しいを体験します。
こどもの心を元気にします。こども同士の交流・大人との交流・家庭・地域・学校を結びます。
こどもの居場所をつくります。
それは大人の生きがいになり大人の居場所をつくります。

なぜあそびの城をつくるの?

非行の低年齢化子、子どもの重大事件の続発、親の育児放棄、学級崩壊など、青少年の、問題行動の深刻化など「 子ども 」 を取り巻く問題は山積みでした。
これらの緊急課題へ対応するため文部科学省は、平成16年度から3ヵ年にわたり、「子どもの居場所づくり」「地域子ども教室推進事業」を提示しました。 日本レクリエーション協会はこれを受けて、3ヵ年全国であそびの城を展開し、四街道市「あそびの城」が誕生しました。

日本レクリエーション協会は。『全国のあそびの城づくり』をサポートその場を、『あそびの城』と呼び、全国のレクリエーション団体や市町村レク協会に呼びかけ、全国では、127地区からの応募、千葉県では、四街道市レクリエーション協会を始め・茂原・柏・袖ヶ浦・NPO船橋・鎌ヶ谷・各レクリエーション協会の6地区で「あそびの城」が、つくられました。『全国のあそびの城づくり』をサポートしています。

3ヵ年の『地域子ども教室推事業』を実施、学校、市教育委員会、の協力をえて現在の「放課後こどもプラン推進事業」へと引き継がれ現在にいたっています。
『こどもが変わる・こどもを変える』子どもの居場所づくり、こころの元気づくり『あそびの城』は、プログラム型プラス見守り型で実施しています。

あそび・・・。なんて平易で奥深い言葉でしょう。殺伐とした今の時代、大人も子どもも、もっと「心のあそび」が必要ではないでしょうか。
家庭では親と子が、地域では大人と子ども・そして異世代が、もっともっと「あそびの時間を共にする場」が必要ではないでしょうか。何よりも、子どもの発達にとって、あそびはなくてはならないもの。あそびの中には学びがいっぱいあります。こどもの心を元気に、未来を担う「子どもの笑顔」が集まる場所でなければならないと切実に思います。

四街道市レクリエーション協会