『 すべてはみんなの笑顔のために 』

あそびの城⑪ 令和元年10月24日(木)しゃぼん玉

あそびの城⑪ 令和元年10月24日(木)しゃぼん玉

少し風がありましたが天気に恵まれ予定通り、しゃぼん玉を実施できました
体育館に集合はじめの集い、はじめの歌は、「シャボン玉」・注意事項のあと班ごと、校庭へ移動 いろいろな道具を使って順番をまもり、しゃぼん玉をたのしみました。
始めと終わりの歌はもちろんだれもが歌った「しゃぼん玉」です。この歌の作詞者「野口 雨情」は、近所の子どもたちが「シャボン玉」であそんでいるのを見て、夭逝した自分の娘の姿を重ね合わせて、あの歌を作ったといわれています。
2番の歌詞「シャボン玉消えた 飛ばずに消えた生まれてすぐにこわれて消えた」に作者の心がこめられているように思われます。