レクリエーションの公認資格

市民が自分の住むまちで好きなレクリエーション活動を日常的に楽しめる機会や環境を提供する人材として、(財)日本レクリエーション協会はレクリエーションの公認指導者資格を養成しています。
これらの公認資格支援者は、介護・医療保育・学校教育・講師などの仕事としての活動や、生涯スポーツの普及、青少年育成、介護予防、地域文化継承発展・発信、環境教育など地域やボランティアなどで、ステージを創り、都道府県や市区町村レクリエーション協会、種目や領域の加盟団体と力を合わせ、人々の暮らしを豊かにする多彩なレクリエーションの支援をしています。

 

(財)日本レクリエーション協会公認資格

●  レクリエーション・インストラクター

● 福祉レクリエーション・ワーカー

● レクリエーション・コーディネーター

があります。

当協会では、(財)日本レクリエーション協会公認レクリエーション・インストラクター 養成講習会を開講しています。

☆ レクリエーション・インストラクター

多様なレクリエーション活動を支援します。人と人とがさまざまなレクリエーション活動を通じて、楽しい交流をしていくために・・・・・・

楽しい時間、交流を提供できる、多くの引き出しを持つ遊びの提供者として活躍します「レクリエーション」という世界に興味・関心を持つ方々の入門的な資格です。
市民の一番身近にいて、直接ふれあう機会が多いのがレクリエーション・インストラクターです。市区町村レクリエーション協会の事業の中などで、参加者に簡単に楽しめる遊びを提供したり、遊びを通じて仲間づくりをすすめます。地域を中心に、福祉、生涯スポーツ、ネイチャー等、さまざまな領域で活動します。

☆ 福祉レクリエーション・ワーカー

社会福祉や医療・保健分野でレクリエーション援助を行います。

福祉の現場で、利用者や目的に応じて”遊び”を有効に使いながら生活の質を向上させる社会福祉サービスの提供者です。社会福祉や医療・保険分野での「レクリエーション援助の専門家」として活動するための資格です。

福祉施設、病院、地域等で、レクリエーションの集いを企画・運営しながら、集団から生まれる楽しさを利用して、効果的に生きる意欲づくりや機能訓練、仲間づくり等をすすめます。一人ひとりに目を向けて障害や体力、好み等に合った趣味活動を援助します。これらを支えるために、イベントや教室の開催、地域と施設、ボランティアのコーディネートなども行います。利用者の”生活”が豊かでいきいきとしたものになるように”計画的援助”を行う人材です。

☆ レクリエーション・コーディネーター

市民のためのレクリエーション事業をコーディネートします。

楽しさを提供する「場」づくり、地域でのクラブづくりの支援など、レクリエーション運動を推進する企画やプログラム提案、人材や団体をうまくコーディネートするなど総合的な活動を支援し、仲間づくりや人々のふれあいを推進します。子どもから高齢者まで、誰もが地域で健康的な楽しい生活が過ごせるように、人、組織、事業をうまくコーディネートします。

具体的には、市区町村レクリエーション協会を設立したり、市民のためのレクリエーション事業の企画・運営を行います。国のスポーツ振興基本計画の中心である「総合型地域スポーツ・レクリエーションクラブ」の推進役としても期待されています。

四街道市レクリエーション協会の公式ページ