カテゴリー別アーカイブ: ◆セミナー・スキルアップ

2012年3月17日 健康づくり レクリエ-ション スポ-ツまつり

主催 公益財団法人日本レクリエ-ション協会
    
 健康づくり
 レクリエ-ション スポ-ツまつり

千葉会場
厚生労働省補助事業 実践的な予防活動支援事業
『既存人材を活かした介護予防活性化リ-ダ-養成・活用事業』

日程 2012年3月17日
    午後1時~午後4時(3時間)
会場 袖ヶ浦市市民会館 中ホ-ル
定員 100名
体験メニュー  ラダ-ゲッタ-
          ニチレクボ-ル
          羽根っこゲ-ム

紹介ゲ-ム  マンカラ・神戸ビリヤ-ド・スカットボ-ル
申込み 千葉県レクリエ-ション協会

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
プログラム

12:30  受付開始
13:00  アイスブレ-キング
       ( 体操 ・ グル-プづくり )
13:20  体験開始 ( グル-プで30分交代で体験 )
       ラダ-ゲッタ-・ニチレクボ-ル・羽根っこゲ-ム
15:30  まんから紹介
16:00  終了

 

ニュ-スポ-ツきずなクリエ-タ-養成講習会  2月4日(土)~5日(日)

「ニュースポーツきずなクリエーター養成講習会」

                      写真は交流会より

NPO特定非営利活動法人フレンドリー情報センターでは、「だれもが、いくつからでも」楽しめるスポーツの普及を行っています。 
今回スポーツ振興くじの助成を得て、「ニュースポーツきずなクリエーター養成講習会を3カ所(1月21日~22日仙台・2月4日~5日東京・2月25日~26日大阪)の会場で開催されているところです。 四街道市レクリエーション協会は、東京会場に参加してきました。
 フレンドリ-の皆さん、たいへんお世話になりました。また講義中写真を撮りながらの受講おゆるしください。
参加者は、楽しく、ホスピタリティ-を始めとしたニュ-スポ-ツとコミニュ-ケ-ション、スポ-ツのたのしさを、再確認できたと思います。
 わなげ・スカイクロス実習については、写真をとるのも忘れて熱中していました。(そんな訳で参加されたみなさまには、実習については写真がなく申し訳けありません、きずなクリエーターの講習会の雰囲気を下の写真からご覧下さい)
フレンドリ-情報センタ-HPに四街道レクリエ-ションHPの「ニュースポーツきずなクリエーター養成講習会」が紹介されました。ここから

NPO特定非営利活動法人フレンドリー情報センター「ニュースポーツきずなクリエーター養成講習会」(募集要項より)
◆主  催/特定非営利活動法人フレンドリー情報センター
B. 関東地区    2012年2月4日(土)~5日(日)
                      
※基本は東京スポーツ文化館で宿泊の合宿型講習会です。宿泊が無理な方は日帰り  参加もできますが、参加は宿泊者優先です。

◆特  典/この講習会を受けることで日本スカイクロス協会発行の「公認競技リーダー認定証」
      日本ワナゲ協会発行の「普及員証」を希望者に授与できます。 
      ただし、協会が「指導できるレベルに達している」と認め、所定手続きをした方に限
      ります。取得費は参加費に含まれています。※上記認定証をすでに取得されている方
      で、次の指導資格を取得希望の方は、当センターまで連絡ください。      
      また、2日間受講された方には主催者から修了証を授与いたします。

 スカイクロスの四街道市レクリエーション協会の取り組みは、四街道市レクリエーション協会の山崎紀栄子さんが2002年に、新聞でスカイクロスの記事を読んで興味を持ち、京都まで行って上級講座を受け、四街道市レクリエ-ションのなかで紹介・普及された事からはじまります。

スカイクロスについて
   スカイクロス実施模様
 スカイクロスやわなげの良さは「安全に・だれでも(高齢者、障害者、壮年、こども)・どこでも(室内でも、屋外でも)・だれとでも(異世代交流ができる)・いつでも(少しの時間でも)・ゲーム性のおもしろさ(参加者に合わせたルールで)・手軽に(ルールが簡単)」・などの特徴をもち福祉レクにも優しいところです。
そんな理由から四街道市レクリエーション協会会員への講習会をへて、千葉県レクリエーション大会・他の地域・他のレクリエーション協会や、自治会、子ども会、などで紹介しています。
今回は、スキルアップをはかるため、きずなクリエ-タ-としての養成講習会に参加してきました。
 わなげについても、(正式台はSUNLUCKYの商品セット15,540円)介護予防教室やこども放課後こども教室などに活用しています。

    


    
           
                                                    
    

 

 

日レク主催  健康づくり 介護予防に役立つ 『レクリエ-ション実技講座』1月28日(日)

主催 公益財団法人 日本レクリエ-ション協会
主管 千葉県レクリエ-ション協会
後援 千葉県教育委員会・千葉県社会福祉協議会
     日  時  2012年1月28日(土) AM9:00~PM4:30
     会  場  千葉県総合スポ-ツセンタ-宿泊研修所ホ-ル
     定  員  50名
    参加対象  地域のボランティア・高齢者福祉施設関係者
            介護予防に興味関心のある方・レクリエ-ション有資格者 ほか
    参 加 費  無料(厚生労働省補助事業
    持 ち 物  昼食  筆記用具
  
     講座参加者は、3月17日(土) 袖ヶ浦市民会館において
       「楽しもうニュ-スポ-ツあれこれ」での指導実習を予定しています。
    
     


H 24年1月15日(日)有資格者のためのフォローアップセミナー 『四季の切り紙 絵本をつくろう』 

平成24年1月15日(日)

1. テ ー マ  有資格者のためのフォローアップセミナー パートⅡ
『四季の切り紙 絵本をつくろう』
 
フォローアップセミナーパートⅡは、絵本作り」を企画しました。地域活動の中のクラフト講座や高齢者施設などのお誕生日会やプレゼントに手軽にできる絵本です。今回は四季の景色の切り絵キットを使いながら作り上げていきます。もし時間があったら「新聞紙でつくるエコパック」にも挑戦・・・!「物づくりは苦手!」と思っている方・・・キットに従って作っていくのでこの時間であなただけの一冊ができあがります。この機会にとっておきの一冊を作ってみませんか!この事業はレク資格をお持ちのあなたの実力を広げるセミナーです。皆さんのご参加をお待ちしています。 
2. 期   日 平成24年1月15日(日) 9時30分 受付  15時 終了
3. 会   場  千葉県総合スポーツセンター内 宿泊研修所 大ホール
4. 講   師     水 上  道 子 氏
   
元市川市立保育園 園長
    千葉県レクリエーション協会 人材育成委員長
5. 参加費 ・(財)日本レクリエーション協会公認資格をお持ちの方(無料)
・上記以外の方・・1,000円
※クラフト材料費500円は当日徴収になります
6. 参加申込み (1) 申込み方法  葉書又はFAXにて、氏名・〒・住所・
          電話番号・資格名を明記してお申し込みください
(2) 申込先    千葉県レクリエーション協会
          〒263-0011 千葉市稲毛区天台町323
          千葉県総合スポーツセンター内
           電話   043-290-8361
           FAX   043-290-8362
(3) 申込み期限   平成24年1月12日必着
7. そ の 他 ・受講者は、はさみ、カッター、定規、のり、昼食を用意してください

有資格者のためのフォローアップセミナー パートⅠ 介護予防レクダンス

1. テ ー マ  有資格者のためのフォローアップセミナー パートⅠ 介護予防レクダンス 今年のフォローアップ研修パートⅠは介護予防をテーマにレクリエーションダンスに挑戦します。今、健康保持のために、健康体操や社交ダンス、フラダンスなど体を適度に動かすことや踊ることに健康や楽しみを求めていらっしゃる方がたくさんいらっしゃいます。そこで簡単なステップで楽しめるレクダンス研修会を企画しました。ダンスは苦手と思っている方・・・・ステップがうまくできない!と思っている方・・・・ご心配なく…どなたでも楽しく踊れます。講師の聖徳大学教授天野勤先生には、介護予防のためのポイントなどをお話しいただきながら高齢者の方たちが楽しめるレクダンスをご紹介いただきます。この事業はレク資格をお持ちのあなたの実力を広げるセミナーです。皆さんをお待ちしています。
2. 期   日  平成23年11月6日(日) 10時受付 15時終了
3. 会   場  千葉県総合スポーツセンター 宿泊研修所 大ホール
4. 講   師     天野 勤 氏      聖徳大学 人文学部児童学科 教授             
5. 参加費 ・(財)日本レクリエーション協会公認資格をお持ちの方(無料)
・上記以外の方・・1,000円
6. 参加申込み (1) 申込み方法  葉書又はFAXにて、氏名・〒・住所・
          電話番号・資格名を明記してお申し込みください
(2) 申込先    千葉県レクリエーション協会
          〒263-0011 千葉市稲毛区天台町323
          千葉県総合スポーツセンター内
           電話   043-290-8361
           FAX   043-290-8362
(3) 申込み期限   平成23年11月2日(火)必着     
7. そ の 他 ・受講者は、昼食、靴、動きやすい服装を用意してください

日レク セミナー  H23,8,28(日) 『フォローアップ講習会』「ラダ-ゲッター」

日本レクリエーション協会公認有資格者のための                    
レクリエーション実技  フォローアップ講習会が  
平成23年8月28日(日) 13:00 ~ 16:00 
埼玉の  スポーツ総合センター(〒362-0031
埼玉県上尾市東町3-1679)多目的室を会場に
埼玉県レクリエーション協会主催、後援 埼玉県
レクリエーション指導者連絡協議会で開催され
ました。
日本レクリエーション協会公認有資格者と,当日
同時開催で埼玉県レク協会のレクインストラクター
養成講習会の講習生の実習として参加、ニュー
スポーツ「ラダーゲッター」 を楽しんだ。
「ラダーゲッター公認普及員」の為の講習会です。
(どのような対象者でも楽しめるゲームです) 
講師は (公財)日本レクリエーション協会
レクリエーション普及推進
サービスセンターマネージャー鈴木二三彦 氏




「ラダーゲッター」を購入したい・簡単なル-ルは日レクHPこちらから 「ラダ-ゲッター」

「ラダーゲッター」は、あらゆる年齢層で楽しめるニュースポーツです。ルールは簡単で、ヒモでつながっている2個のボールをラダー(ハシゴ)に向かって投げ、ボールがラダーい引っ掛かるとポイントになります。
3本のラダーには、下から 1,2,3点とポイントが表示されており、それぞれのラダーに引っ掛かったボールのカズで得点を競います。
また床にボールがバウンドして、いずれかのラダーに引っ掛かったら5点のポイントとなります。
投げ方は、片方のボールを手に持ち、もう片方のボールを下に垂らしてゆっくり前後にスウイングし、ボールが後方回転しながら飛んでいくように、アンダーハンドで投げます。

H22レクスポーツセミナー  5月 2日(木) 天台スポーツセンター   

2010年5月2日(日)レク・スポーツセミナーが県レクにて開催されました。
日レクHPレクリエーショングッズはこちら

 

スポーツレクリエーション



準備体操をかねてゲームでアイスブレーキング


                          全員で準備体操

羽根ゲームは、障害のある高齢者や、車椅子を使用している方々にも楽しめるよう工夫されたゲーム。羽根の台座部分に重みがあるため、下手で投げればキチンと立ちます。シートのかわいい七福神を狙って投げて福を招きましょう。シートの裏面はダーツゲームとして遊べます。
的入れ系のゲームは楽しみながらも自然に「投げる」「的に入れる」「計算する」といった行動に結びつき、交感神経を刺激し、身体バランスや調整力、計算力を高めることから。運動の維持・回復や脳の活性化にも効果抜群です。

点鳥ルーレット赤い玉の部分をハンマーで叩くと軽やかな鈴の音とともに風見鶏が得点を告げてくれます。どこに止まるかわからないドキドキ感はルーレットそのもの。また、様々にアレンジしやすいのも特徴のひとつ。シートの上に置くカードを工夫したり、お金のかわりになるポーカーチップや商品のお菓子などを置いてみるのも楽しい使い方です。セミナーの中では思い出かるたを使用し風見鶏の止まったかるたのうたを皆で歌い楽しみました。

プラズマカー 電池も、エンジンも、ペダルもないのに動く!!


フロートR 大きくて、カラフルでゆっくりと空中を漂うフロートRはそれだけでも十分絵になります。バレーボールのボール代わりに、運動会の空中大玉送りなど応用範囲が広いのも魅力です。(ナイロン素材)
エアボール まるで風船のようにボールが浮き上がる。あらゆる年齢層で楽しめるゲームです。

H21有資格者のためのフォローアップセミナー パートⅡ

 『身近な材料で作って遊ぼう!』
講   師  兼 松 ムツミ 氏  
             横浜レク・クラフト研究所所長
             元全国福祉レク・ネットワーク代表

平成22年1月17日(日)千葉県総合スポーツセンター内 宿泊研修所 大ホールにて県レクフォローアップⅡ福祉レク(クラフト)が開催されました。
身近な材料でつくって、だれでも(高齢者・障がいのある方)一緒に遊べる、クラフトを障がいを持った方々に向けてのクラフト指導の第一人者兼松ムツミ先生現場のお話を聞きながら、楽しく遊べるクラフトを体験しました。

つくって遊ぶ・(手づくりを楽しみ、モノづくりのおもしろさを学ぶ)  作った作品のネーミングは「仲間の帽子」 「ひーらいた ひーらいた」 「とべ!スーパバック」 「くるくるロケット」です。  

楽しさを感じる事とは、どのようなときに感じるか?

「ひとは楽しさを感じ、それが満足につながり、やがて生きがいにまで変わっていく。」
 



写真はくるくるロケットをつくり遊んでいるところ