H21あそびの城 22  1月28日(木) ネットパスリレー 四街道市中央小学校

1月21日(木)あそびの城は、ネットパスリレーとロープジャンプXに挑戦


ボールに空気を入れて準備  くるくるロケットで皆が来るまであそびました。

今日の予定 今月の歌は節分が近いので豆まきの歌をうたいました。
おにはそと ふくはうち ぱらっ ぱらっ ぱらっ ぱらっ まめのおと
おには こっそりにげていく
おにはそと ふくはうち ぱらっ ぱらっ ぱらっ ぱらっ まめのおと
はやく おはいりふくのかみ

ネットパスリレー(4人で行う、ゲーム・・・・・2人で1つのネットを持ち間隔を挟んで立ち、どちらか一方のペアがネットにボールをのせる。ネットを使いペアでボールを投げあい、何回パス&キャッチができるかを競う。
用具は50cm×100 cmの大きさのネットで網目の大きさが45mm以下のもの、ドッジボール3号球2つを使用しますが今回はボール1つを使用
また今回はバスタオルをネットの代わりに使用し、ボールも小さなものを使用しています。

バスタオルとネットを使い交代しながら練習しました。

ロープ・ジャンピング”10″の人数制限をはずし、最小3人、最大は何人でも挑戦できる。”跳んだ回数×跳んだ人数=チームのポイント“となる。そのポイント数を競うゲームです。

H21あそびの城 21  1月21日(木) 四街道市中央小学校 タマ入れゲーム

1月21日(木)のあそびの城は、玉入れに挑戦
はじめに、個人で5個ずつ、3回戦に挑戦・次に50個をグループ対抗でやりました。
グループ対抗は、29個入れた、1班が優勝でした。



写真のカゴは手づくりです。台の部分とカゴは、取りはずせ色々な用途に使用出来ます。
投げる玉は、ペットボトルのキャップです。キャップも色分けされ工夫されています。
玉入れは簡単に、対象者に合わせ色々な場面であそぶ事が出来ます。

H21有資格者のためのフォローアップセミナー パートⅡ

 『身近な材料で作って遊ぼう!』
講   師  兼 松 ムツミ 氏  
             横浜レク・クラフト研究所所長
             元全国福祉レク・ネットワーク代表

平成22年1月17日(日)千葉県総合スポーツセンター内 宿泊研修所 大ホールにて県レクフォローアップⅡ福祉レク(クラフト)が開催されました。
身近な材料でつくって、だれでも(高齢者・障がいのある方)一緒に遊べる、クラフトを障がいを持った方々に向けてのクラフト指導の第一人者兼松ムツミ先生現場のお話を聞きながら、楽しく遊べるクラフトを体験しました。

つくって遊ぶ・(手づくりを楽しみ、モノづくりのおもしろさを学ぶ)  作った作品のネーミングは「仲間の帽子」 「ひーらいた ひーらいた」 「とべ!スーパバック」 「くるくるロケット」です。  

楽しさを感じる事とは、どのようなときに感じるか?

「ひとは楽しさを感じ、それが満足につながり、やがて生きがいにまで変わっていく。」
 



写真はくるくるロケットをつくり遊んでいるところ