日レク セミナー  H21,8,30(日) 『遊びのリードのしかた』

平成21年8月30日(日)日レク主催・レクリエーション・グッズを用いた遊びのリードの仕方セミナーが埼玉県立スポーツ研修センターで開催されました。

9時30分オリエンテーリング  10時より、アイスブレーキングコンデショニングゲーム
11時からレクリエーション・グッズ『思い出カルタ』を使った階層プログラムと盛り上がるリードの仕方


(写真をクリックすると拡大して見られます。再度クリックすると戻ります。なお縦型写真は、上部が切れて表示されていますが、クリックすると見られます。)
・レクリエーション・グッズについては、日レクあそびのカタログ(ゲーム名青字をクリック)をご覧下さい。
(グッズ説明について日レクあそびのカタログ サイトより転用)

思い出カルタ

懐かしい日本の童謡や唱歌をカラフルな絵柄にした「思い出カルタ」。高齢者を対象とした、たくさんの現場で活用され,今回「あおげば尊し」「荒城の月」「茶摘」など、新たに50曲の歌がカルタになっています。
遊びながら、脳の活性化や思い出を引き出すきっかけづくりにもなるため、介護予防や認知症予防などでの活用が期待されています。

昼食をはさんで、2009年新作レクリエーション・グッズを用いたゲームを体験しました。


      (ブロンゴボール)    ・       (釣りっこゲーム)を楽しむ参加者

ブロンゴゲーム

目と手を使って楽しむ新しい投球ゲームです。
ロープで繋がったボールを、ポールに向かって回転させながら投げると巻きつきます。ポール(バー)には、それぞれ1,2,3点と書かれ、巻き付いたバーの点数で得点を競います。
投げ方は、ボールをアンダーハンドでゆっくりと前後に揺らし、後方回転で飛ぶように離します。直接バーに巻き付けますが、ボールがバウンドし、いずれかのポールに引っかかったら、ボーナスポイント(5点)。より競技が面白くなります。相手のバーに向けて投げ合い、得点の高い方が勝ち。ボールはゴム製で、子ども・高齢者に適したやわらかいソフトブロンゴボール(赤3個、緑3個)がセット


                            釣った獲物を手に記念写真

釣りっこゲーム

子どもから高齢者まで、幅広い年齢層に人気の「釣っこ」に、「マグロ」「クラゲ」「タツノオトシゴ」などの新アイテムが加わりました。
竿は収納を考慮して、組立て式を採用。フックでアイテムをひっかけて、手元まで引き寄せるまでのドキドキ感は健在です!

チームラビリンス

取っ手付マットをみんなで動かし、ボールを上手にゴールへ誘導して遊ぶのがチームラビリンス。息のあった操作とチームみんなの協力が成功の鍵です。また発泡素材の仕切と、落とし穴のようにボールをくっつける「カラースポット」の配置により、工夫次第で複雑なコースを作ることも可能です。 布製なので適度の重量、持ち手もついていて、片マヒの高齢者の方にも楽しんでもらえます。自由に設計できるので難易度も思いのままです。

羽根っこゲーム

障害のある高齢者や、車椅子を使用している方々にも楽しめるよう工夫されたゲーム。羽根の台座部分に重みがあるため、下手で投げればキチンと立ちます。シートのかわいい七福神を狙って投げて福を招きましょう。シートの裏面は陣とりゲームとして遊べます。
的入れ系のゲームは楽しみながらも自然に「投げる」「的に入れる」「計算する」といった行動に結びつき、交感神経を刺激し、身体バランスや調整力、計算力を高めることから。運動の維持・回復や脳の活性化にも効果抜群です。

フロートR ピラミッド

大きくて、カラフルでゆっくりと空中を漂うフロートRはそれだけでも十分絵になります。
グループでパスし合ったり、バレーボールの代役や、運動会の空中大玉送りなど応用範囲が広いのも魅力です。


セミナー参加者と、インストラクター講習生集合写真

四街道ふるさとまつり H21.8.22(土)


太鼓・よさこいそうらんで、ふるさとまつりの開会です。

中央公園内で踊り連の輪を作り新四街道音頭の始まり

おどり連の休憩中、公園外の車を通行止めした道路では、地域の御輿が練歩きます。


踊り連は御輿の練歩いた道路と、公園のやぐらの周りに輪を作り2回目の踊りが始まります。


レクリエーション協会の親睦会を、行いました。

花火の打ち上げ

花火が終わると、毎年夏の終わりのような、気がします。

あそびの城⑦ H21, 8,20 グラウンドゴルフ

 夏休みの「あそびの城」は親子で参加できる場をつくっています。
参加人数が少なく、多少残念ですが、何回かの練習を重ね、今日は試合を行いました。


(縦の写真は上が切れて表示されていますが、写真をクリックすると大きく表示されます。再度クリックすると戻ります)



あそびの城⑥ 8月 1日(土)工作教室

 8月1日(土)工作教室を開催しました。
当日は従来のあそびの城に親子で参加を目的に、またあそびの城以外の親子に広く募集し開催されました。 
募集期間が短かかったが、小学生10人・幼児6人・保護者9人・の申込みがあり、スタッフ7人を含む32名が参加しました。


親子で「ゴムエンジンカー」をつくりました。 一生懸命に取り組み全員完成し走らせることが出来ました。
幼児には、カンを使う遊びや、ふわふわと飛ぶ浮遊物などであそびました。

試行錯誤しながら、親子で作業分担しながら取り組んでいる親子の姿は印象的でほほえましくかんじました。

できあがった「ゴムエンジンカー」を走らせ、走った時の喜びの歓声はホールいっぱいに響き、満面の笑顔が見られました。

今回 はりがね、ペンチ、キリ、などあまり使いなれない工具を使用しましたが、子どもたちもスタッフの注意を守り一人のけがもなく終了する事ができました。
今後とも、親子で参加できる場所を提供できればとおもいます。